便利なソファを選ぶ時

ソファは、リビングをお洒落に見せるだけでなくお年寄りにも便利です。勿論、ソファがあるだけで、部屋が引き締まったり、広く見せる効果があります。年齢とともに足腰が弱くなることがあり、立ったり座ったりと大変な作業になります。それが生活の一部なので自分で工夫しながら行動するわけですが、床に座ってしまうと立ち上がるまで時間がかかります。又一日何度もする行為なので膝に負担がかかったりします。若いころは感じもしませんでしたが、その意味でもソファは立ち上がるまでの行為がとてもスムーズになると思います。二人掛けから三人掛けなど種類は多く色や皮の素材まで多様にあります。机を挟んで左右やL字に置くことになるので部屋の中ではかなり中央になると思います。出来るだけ自分のイメージにあるものを選びたいものですし、一生ものと思って購入してもいいと思います。

一人用のリクライニングソファ

歳をとった人でもゆったり座る事ができると人気なのが一人用のリクライニングソファです。これは座る時間が長い人向けと言えるかもしれません。なぜならば、あまりにも座り心地が良い場合が多く、一度座ってしまったら立つのが億劫になってしまうことが多いからです。特に脚も伸ばせるようなリクライニング型のものだとその傾向が強いといえます。もちろんリラックスするためのものですから、どんな人が使ってもいいのは当然のことです。こういう深くゆったり腰掛けられるソファの上では、読書などをしながら過ごしたいという願望が生まれるかもしれません。長時間座っても体が痛くならないように人間工学に基づいて設計されているものが多く開発されているようですから、選ぶ際にリラックスモードで座ってみて選ぶといいかと思います。老後の楽しみとしてリクライニングソファを狙ってもいいかもしれませんね。

ソファカバーでデザインを変える

ソファにカバーをかける派、かけない派、どちらもいるかと思いますが、著者の家ではカバーをかけて使用しています。理由としては猫を飼っているので爪研ぎから守るためと、汚れ防止のためです。こうした目的でかけることはもちろんですが、カバーをかけることによってソファ自体のデザインを変えてしまうということもあります。そのまま使っていれば白っぽいタオル地のようなものなのですが、その上に店で販売しているソファカバーをかけることによって春夏は明るい色、秋はブラウン系、冬は暖色系、など季節によってカバーリングを楽しむ事もできます。ぴったりのサイズのカバーが見つからないときには、一度布団カバーを採用したこともありましたが、わりと固めで猫の爪研ぎ防止にもなりましたし思った以上にフィット感がありました。色々アレンジできるのがカバーのいいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*